第三の動画

何でも良いです。気づいたことや感想があれば、下の欄からぜひコメントください!




2件のコメント

第一~第三の動画、有り難うございました。
自分も66歳、1人息子なので遺言は書かなくても良いと考えておりました。
 今度書いてみたいと思います。

直近の問題として、母が認知症99歳で現在高齢者施設に入所しています。
国民年金と亡くなった父の軍事恩給と父が残してくれた預貯金を私(次男)が管理しています。母は、昨年6月まで1人暮らしでした。
 わたしには兄と姉がいます。母と兄は仲が悪く姉ともあまり良くありません。
私の妻が介護職をやっており、母の異常にいち早く気が付きました。
 昨年、何とか母を入所させました。
まだまだ元気な母ですが、争族になるのも嫌なので先日母に遺言を書いてもらいました。
住所や名前は書けるので、先日書いてもらいました。兄と姉は1/4、私1/2 です。
母が万が一の時は、話合いで最後は兄3割姉3割私4割で落ち着かせようかと。

 自分が書く遺言でなく親に書いてもらう遺言の注意点などありましたらご教示願います。コメントはここだけの話で。

いつもありがとうございます☆
左様でしたか。
認知症の進行具合にもよりますが、意思表示がはっきり出来るときに書いたのであれば、その遺言は有効です。
公正証書遺言書を作成するのであれば、公証人が施設に来てくれるサービスもあります。
自筆であれば、全部自書が必要で大変ですから、シンプルな内容を心掛けたいですね☆
ただ遺言内容を指示して”書かせる”ことをしてしまうと、遺言者個人の意思表示として認められないので注意が必要です!
もし介護をしていたのでしたら、メール講座でも出てきますが”特別の寄与”も次なる策として知っておいて損はありませんよ☆
法務省ページ

https://www.moj.go.jp/content/001263590.pdf

不定期に「無料個別相談」も開催していますので、もし必要であれば案内をお待ちくださいませ。

相続人がお一人でも、遺言があると伝わりますからね☆
応援してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA